話題のごぼう茶を徹底解析

話題のあじかんごぼう茶を始めてみました

ごぼう茶といえばあじかんショップということで、早速通販で購入しました。どのお店に行ってもあじかんショップのごぼう茶を見かけないので、もしかしたらネット販売限定なのかもしれません。あじかんショップさんのごぼう茶は他のごぼう茶と一味も二味も違います。まず原料のごぼうですが、茨城の山崎農園で栽培されたごぼうを使用しています。その味は最高級と呼び声高い美味しさで、豊潤な香り、そしてやわらかい食感が特徴的なごぼうです。ごぼうの味なんてどれも同じと思われるかもしれませんね。でも山崎農園さんのごぼうは他のごぼうよりも圧倒的に糖度が高く、そして新鮮なごぼうを収穫後、すぐに焙煎加工しているので、香りと風味が違います。あじかんショップさんのごぼう茶を一口含むと、口の中に広がる上品な香りがたまりません。さらに山崎農園の土は関東ローム層の赤土で、ごぼうを育てるためだけに使用されています。山崎農園の山崎恵造さんは30年以上もごぼう作りを研究しているので、そんじょそこらの農家には負けません。赤土が赤いのは鉄分を豊富に含んでいるためで、特徴として粘着性が強く、保水性に優れているという点です。さらに石灰岩が長年かけて風化した土なのでカルシウムも豊富に含みます。悪く言えば水はけが悪いのですが、ごぼうの栽培には適しており、ごぼうが美味しく育つと言われています。実際にあじかんショップのごぼう茶を飲んで感じた事は甘くて美味しいということです。ちなみに山崎農園で育ったごぼうは糖度が20度を超えることもしばしばだそうです。糖度20度がどれくらいかというと、すいかで10度ちょっとですし、甘いブドウでもせいぜい高くても20度ですから、相当甘いごぼうということが分かります。何はともあれ百聞は一見にしかずですから、一度飲んでみるのが一番です。ごぼう茶はネット通販で買えるので簡単に手に入ります。なおごぼう茶は犬に飲ませても大丈夫です。犬を長生きさせる方法はこちらをご覧ください。